news

2017年10月1日

インフルエンザの予防接種

p1m1

毎年冬になるとインフルエンザが流行りますね。

インフルエンザにかかりにくくする、あるいはかかっても重症化するのを防ぐ有効な手段はワクチンの接種だそうです。

ワクチンとは毒性を弱めた病原体(ウイルスや細菌)や毒素を前もって体の中に入れて免疫力を付けておき、その感染症にかかりにくくすることを【予防接種】といいます。

そしてその時に摂取するものを【ワクチン】といいます。

ワクチンは作り方によっていくつか種類があるのですが、インフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」という種類になるそうです。

「不活化ワクチン」は病原体の感染する力を失わせたものが原料で、十分な免疫力を付けるためには、1~2回の接種が必要との事。

ただし。。。

インフルエンザのウイルスは変異を起こしやすく、ワクチンの型と実際に流行っているウイルスの型が合わずに、せっかく予防接種を受けても発症してしまうことがあるそうです。(どーりで予防接

種受けてもインフルエンザになることがあるわけですね・・・)

毎年WHO(世界保健機関)が次のシーズンに流行しそうなウイルス株の予想をもとに厚生労働省が最終的にワクチン候補株を決定しています。2015年~2016年シーズンからは新しいワクチンに移行して更に効果が期待できるようになったそうです!

予防接種は摂取した本人の免疫力を高めてかかりにくくしたり、重症化を防ぐほかに周囲への感染を拡大させないという効果もあります。

インフルエンザワクチンは摂取してから効果が出るまでには2週間ほどかかるため、インフルエンザが流行する少し前から予防接種をはじめましょう♪

 

◆佐賀県◆

エイト薬局

<目達原店>

神埼郡吉野ケ里町

<日の隈店>

神埼市神埼町

 

キタ薬局

嬉野市塩田町

 

けんけん薬局

小城市小城町

 

あさひ薬局

<開成店>

佐賀市開成

 

 

◆福岡県◆

玄武堂薬局

<小森野店>

久留米市小森野

<久留米東店>

久留米市東町

 

久保薬局

久留米市津福本町

 

 

◆大分県◆

白十字薬局

中津市大字島田

 

 

◆熊本県◆

文化堂薬局

葦北郡芦北町

 

草津屋薬局

熊本市南区川尻

 

 

◆岐阜県◆

ラブダイイチ

<東薬局>

大垣市東町

 

 

◆大阪府◆

ひとみ薬局

<和泉大宮店>

岸和田市藤井町

<春木店>

岸和田市春木宮川町

<長崎屋岸和田店>

岸和田市春木若松町(ラパーク岸和田内)

 

 

◆長崎県◆

ドレミ薬品

<本店>

長崎市京泊

Recent Entries